交替勤務者の「4勤4休の1カ月単位の変形労働制」について

 

こんにちは。

小倉合成工業株式会社総務課です。

 

このページでは、小倉合成工業株式会社の就業時間のうち

交替勤務者に係る「4勤4休の1カ月単位の変形労働制」について

説明しております。

 

 

労働基準法第32条の2に規定する変形労働制

使用者は、就業規則その他これに準ずるものにより、

その労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定にゆだねることとした労働者については、

当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、

労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との

書面による協定により、

 

次に掲げる事項を定めたときは、

その協定で第二号の清算期間として定められた期間を平均し

一週間当たりの労働時間が第三十二条第一項の労働時間を超えない範囲内において、

 

同条の規定にかかわらず、

一週間において同項の労働時間又は一日において同条第二項の労働時間を超えて、

労働させることができる。

※第32条1項・・・1週間に40時間  第32条2項・・・1日に8時間

 

国が認めている変形労働制の中での、交替勤務制度となります。

 

労働組合との協定(労働基準法第36条)

使用者は、当該事業場に、

労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、

労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との

書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、

第三十二条から第三十二条の五まで若しくは第四十条の労働時間(以下この条において「労働時間」という。)

又は前条の休日(以下この項において「休日」という。)に関する規定にかかわらず、

その協定で定めるところによつて労働時間を延長し、

又は休日に労働させることができる。

ただし、坑内労働その他厚生労働省令で定める健康上特に有害な業務の労働時間の延長は、

一日について二時間を超えてはならない。

 

この労働基準法第36条に従い、労使協定を締結。

当社の就業規則第26条ないし27条にて記載。

また、監督官庁である「小倉東労働基準監督署」に就業規則を提出済み。

36協定届出書については事業年度にあわせて11月に更新。

 

1カ月の起算日

1日

 

1週間の起算日

日曜日

 

労働時間の計算方法

40時間(1週間の労働時間) × 対象期間の歴日数  ÷ 7

 

対象期間の上限時間

28日・・・ 160.0時間

29日・・・ 165.7時間

30日・・・ 171.4時間

31日・・・ 177.1時間

 

時間外労働の割増賃金の支払

労働基準法第36条に従い、時間外労働が発生した場合は

法定割合を乗じた額を加算しています。

また、深夜帯での勤務については、深夜の割増賃金を支給しています。

 

交替勤務者の就業時間

①昼勤務

8:00 ~ 20:00

 

②夜勤務

20:00 ~ 翌8:00

 

③休憩時間

1.5時間(実働10.5時間)

 

4勤4休の交替勤務シフトパターン事例

4/1(月) ①昼勤務

4/2(火) ②夜勤務

4/3(水) 休日

4/4(木) ①昼勤務

4/5(金) ②夜勤務

4/6(土) 休日

4/7(日) 休日

4/8(月) 休日

 

8日間で1サイクルとなります。