代表者挨拶

はじめまして。

 

小倉合成工業株式会社代表取締役社長の今別府誠と申します。

このホームページをご覧頂いた多くの方が、初めて私をお知りになられるかと思います。

まずは、私の簡単な自己紹介をさせて頂きます。

 

宮崎大学大学院卒業の後、1986年に小倉合成工業株式会社に入社いたしました。

好きなものは、最新機器や情報通信にかかる情報やモノ。

趣味は、PC組み立て。

カバンは肩掛けやビジネスバックより、屈強な3WAYバッグです。

 

 

あえて、私の画像は載せないようにしていますが、どのようなイメージでしょうか?

入社当初からバリバリの技術開発の部門に携わってきました。

代表取締役となった今もそれは変わりません。

ご想像される通り、抜群の理系肌です。

 

京セラの稲盛和夫氏、APPLEのスティーブ・ジョブズ。

偉大な彼らが第一線の現場主義者であったように、

私も現場主義でありたいと考えております。

 

高圧水素添加精密蒸留というニッチな技術ではございますが、

国内化学メーカーでは随一の設備と技術力があると自負しております。

 

 

ダーウィンが言ったとされる言葉はご存知かと思いますが、あえて書きます。

 

この世で生き残る生物は、最も力が強いものか?そうではない。

最も頭が良いものか?そうではない。

生き残る生物。

それは、変化に対応することができる生物である。

 

我々は、技術を使い、モノを造るため、変化し続けなければなりません。

安寧と、過去の遺産に胡坐をかいて「同じものを同じように作る」ようでは、

これからの時代を生き残ることはできません。

 

これからの小倉合成工業を支えるのは、

多くのカスタマーから頂く要望や課題をクリアし、更なる感動を提供できる。

そのような技術開発力です。

 

我々は、株式会社の組織形態が指し示す通り、営利企業。

しかし。

利潤の追求、会社の繁栄のみを願うことや、技術開発のみに傾倒してしまうことで、

ステークスホルダーや地球環境に対し悪い影響を与えてしまうという事は、是が非でも避けなくてはなりません。

企業の社会的責任を重々に感じ、日々経営に邁進しております。

 

小倉合成工業は、カスタマー、従業員、地域の皆様に愛される会社として

これからの時代を見据えて参りたいと思います。

 

 

2018年12月21日

小倉合成工業株式会社

代表取締役社長 今別府 誠