社長メッセージ

沿革

昭和 18年 11月 北九州市小倉北区東港町6番地の2の地にソルビットの製造を目的として、資本金18万円をもって設立。
海軍の監督工場に指定される

19年 2月 ソルビット製造設備完成、操業を開始

22年 8月 資本金100万円に増資

23年 4月 北九州市小倉北区東港町7番地の2の地に工場を移転。
ソルビット製造設備に澱粉糖化設備を併設しソルビットの一貫生産を開始

25年 8月 油脂統制解除と同時に、油脂分解、脂肪酸蒸溜設備を完成し油脂加工業に進出

28年 6月 グリセリン蒸溜設備完成

31年 5月 高圧法油脂分解設備完成

33年 9月 セバシン酸、オクタノール製造設備完成

35年 7月 水添設備完成

35年 9月 脂肪酸アマイド製造開始

42年 3月 脱水ひまし油製造開始

43年 2月 糠ワックス抽出設備完成

51年 4月 資本金1,000万円に増資

51年 5月 脂肪酸精溜装置完成

55年 1月 北九州市小倉北区東港町一丁目4番8号に本社並びに新設工場完成移転

55年 8月 試験研究棟新築

56年 5月 精溜装置新設

57年 4月 保税倉庫を申請、許可される

57年 9月 保税工場及び保税上屋を申請、許可される

58年 8月 工業用水受水権取得

59年 10月 第6工場新設

59年 11月 精溜装置増設

61年 3月 高圧水添機2機増設

61年 12月 エステル製造用パイロットプラント新設

63年 1月 高圧水添機自動化工事
平成 2年 9月 精溜装置増設

3年 8月 水添機増設

4年 8月 硬化油自動包装装置新設

4年 11月 健康優良事業所(社会保険庁長官賞)授賞

5年 10月 精製ひまし油脂肪酸生産設備新増設

6年 10月 廃水処理設備増設(加圧浮上装置)

7年 1月 ウレタン原料生産設備新設

7年 9月 ひまし油屋外タンク(1000KL)新増設

8年 2月 香料用中間体生産設備新設

8年 10月 精製ひまし油生産設備新増設

9年 2月 5号精留塔、移設統合化

9年 2月 アルミナゾル合成パイロット設備新設

9年 8月 貫流蒸気ボイラー増設

13年 12月 油脂自動分析装置新設

14年 7月 第6工場増設

14年 8月 ケミカル反応缶新設

15年 5月 ISO 90012000認証取得

15年 9月 32段ペトリューク式精留装置新設

15年 10月 試験・研究棟増設

15年 12月 資本金5,000万円に増資

16年 10月 第6工場設備新設

20年 1月 エステル化設備新設

20年 5月 反応・溶剤回収工場新設