グリーンケミカル

12ヒドロキシステアリン酸。油性のゲル化剤という稀有な存在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12ヒドロキシステアリン酸の性質

12ヒドロキシステアリン酸は、硬化ひまし油を加水分解して得られる脂肪酸。

ステアリン酸の12位にヒドロキシル基を持つため、

合成原料として広く利用されています。

 

また、12ヒドロキシステアリン酸のリチウム塩は、

耐熱性に優れ熱加工時の揮発分が低く、ポリマーとの相溶性が優れている事から、

ポリオレフィンやエンジニアリングプラスチックの潤滑剤として適しています。

 

 

CAS(Chemical Abstracts Service)登録番号

106-14-9

 

化審法№

2-1340

 

消防法

指定可燃物

海洋汚染防止法

施行令別表第1有害液体物質Y類

 

包装形態

紙袋(20㎏)

フレコンバック(500㎏)

 

用途・発展情報

化粧品

グリース

滑剤

樹脂安定剤

塗料添加剤 など

 

製品に関するお問合せ

グレードや販売単価、数量、納期についてのお問合せはこちらからどうぞ。

後日、担当者よりご連絡させて頂きます。

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメントを残す

*