ファインケミカル

ナイロンの中間体として利用できる化学物質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイロンとは・・・

「ポリアミド」とよばれる合成樹脂(石油が主な原料)で作られた繊維。

アメリカのデュポン社で開発されたナイロンは、女性用ストッキングとして利用。

 

ナイロンの性質

たくさんの性質がありますが、その中でも代表的なものは次の3つです。

①耐久性

パラシュートでも利用されるほどの耐久性を持っています。

アウトドア用品で利用される「パラコード」も、パラシュートコードの略称で

ブレスレッドなどアクセサリーで利用される4ミリのパラコードは

250キログラム(550ポンド)までの重量に耐えらるそうで、通称550コードともいいます。

 

②軽さ

ポリエステルよりも若干、軽いとされています。

ナイロンの比重が1.13~1.14

ポリエステルの比重が1.31~1.38

 

③染めやすさ

衣料品として、化学繊維としてポリエステルやナイロンが利用されますが

ナイロンの方が染めやすく、鮮やかな色が染まります。

 

製品名

1,12-ドデカンジアミン(1,12-Diaminododecane)

 

化学式

C12H28N2

 

CAS№

2783-17-7

 

化審法№

2-2370

 

消防法

指定可燃物(可燃性固体類)

 

包装形態

ペール缶(14㎏)

 

    必須法人名
    任意部署名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    任意FAX番号
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お問い合わせ内容

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す

    *