合成通信

プレハブ型の屋外喫煙室を設置しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

小倉合成工業株式会社総務課です。

 

昨今の健康増進の時流に乗り、当社も遂に分煙化。

喫煙所の設置が行われました。

 

受動喫煙防止対策助成金

厚生労働省が行う助成金事業で、

職場の受動喫煙防止対策に関する各種支援事業(財政的支援)

というものが、受動喫煙防止対策助成金になります。

 

当社も、この助成金の申請を行いました。

詳しくは厚生労働省のホームページをご確認ください。

 

 

当社が行った受動喫煙防止対策助成金の流れ

当社を管轄する労働局が、福岡労働局になります。

ここの助成金センターが受け付け窓口となっていて

近隣のハローワークではこの助成金は受け付けは出来ませんでした。

大まかに・・・

 

  1. 交付申請書類を提出
  2. 交付決定通知
  3. 工事の発注
  4. 費用の支払い
  5. 事業結果概要報告書の作成
  6. 交付額決定通知
  7. 支払請求書の提出
  8. 助成金の振込

 

という段階を踏みました。

特に労力が必要な点が、

交付申請書の作成と事業結果概要報告書の作成の2点。

かなりの回数で、労働局の担当者と打ち合わせを行っております。

 

屋外設置型の喫煙所

当社がまず、目につけたのが屋外設置型の喫煙所。

その中で選んだのが、千葉県に本社のある三協フロンティア株式会社さん

 

個人的な余談ですが・・・

三協フロンティア株式会社さんのホームページは、素晴らしいと思います。

企業の製品をアピールできる綺麗な画像と

それらを表現するためのカルーセルとパララックス効果の配置が絶妙です。

当社のホームページも格好よく仕上げていきたい!

 

さて、三協フロンティア株式会社さんの製品で喫煙所としてオススメされたものが

MSL単体専用スモーキングルームパッケージ

です。

 

 

屋外設置の喫煙所を選ぶならスモーキングルームパッケージ

当初、喫煙者に全く配慮するつもりがありませんでしたので

エアコン・照明・窓なしの中古プレハブを探していたのですが、さすがに「NG」。

 

プレハブに付属設備をつけていくことになるのですが

エアコンや照明、窓を別途つけていくと金額も爆発的に増えていくので

プレハブは却下。

 

三協フロンティア株式会社さんのスモーキングパッケージは

エアコン、照明、窓、そして換気扇がセットになっており

追加で必要なものがとくにありません。

 

灰皿や、イスなどは会社の備品から流用するため追加経費はゼロ。

 

ただし、ユニットハウスの宿命ともいえるものが強風。

この強風対策のアンカー工事だけは発注をお勧めします。

 

設置工事も安心

配送・設置まで三協フロンティア株式会社さんが行ってくれます。

 

トラックで搬送されて・・・

 

狭小地なので、切り替えして・・・

 

ユニックで、荷降ろして・・・

 

無事に設置

 

なお、電気工事は自社で行っております。

 

正面からみると、こんな感じです。

 

エアコン側から・・・

 

設置後はまだ綺麗な内装

 

ベンチや灰皿を設置して完成です

 

ご来社の皆様へ

当社は危険物工場であるため、原則火気厳禁です。

そのため、今までは食堂が喫煙所となっていましたが

分煙化を機に、本社は全面禁煙となっております。

 

愛煙家の皆様には、ご不便を申し上げますが

何卒、ご理解とご協力をお願い致します。

 

タバコを喫むのでれば、マナーと思いやりを一緒に

持ち歩かれて下さい。

 

コメントを残す

*