合成通信

神社前のつつじが満開になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

小倉合成工業株式会社人材総務グループです。

 

新型コロナウイルスの影響は一体、いつまで続くのでしょうか?

当社も、自宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自席のフリーアドレス化、

土砂降り以外では窓を全開にするなどで

3密(密閉・密集・密接)対策を行っております。

 

ところで、現在。WEBカメラが手に入らないという事態になっているみたいです。

もちろん原因は、自宅勤務・テレワーク。

近隣の家電量販店で入荷を聞くと7月頃と回答がきました。

 

最近のパソコン、タブレット端末、スマートフォンにはカメラ機能がありますが

デスクトップタイプはWEBカメラが必要になってきます。

 

マスク・アルコール消毒に続いてWEBカメラ。

次に品薄になるものも、おおよそ予測がつきますよね。

 

さて。

自粛と自制のムードが強い中、少しでもほっこりと笑顔になれるような

話題をご提供したいと思います。

 

神社前のつつじが咲きました

 

本社の正門をくぐると、すぐ右手に「合成稲荷神社」があります。

当社のインスタスポットになります。

ハッシュタグは#小倉合成工業でどうぞ。

 

つつじは、日本全国どこでも見かける存在で

桜についでつつじは日本で長く愛されている花だと思います。

 

つつじといえば神社。神社の小話し

よく見かける白衣と緋袴の服装の女性。

一般的に「神社で神に仕えている女性」を巫女と呼びます。

じゃあ、男性は?というと覡(かんなぎ)。

なお、白衣は「はくい」ではなく「はくえ」だったり「しらぎぬ」だったり。

巫女さんが、神事で舞を奉納するときは「千早(ちはや)」を羽織ります。

 

ちなみに。

男性の巫女さん、いわゆる覡(かんなぎ)が着る服は「狩衣(かりぎぬ)」とよびます。

そして烏帽子(えぼし)。

平安貴族のような格好を想像していただくと、神主や覡(かんなぎ)の格好に当てはまります。

 

つつじで有名な観光地といえば

西は林昌寺。東は根津神社ではないでしょうか?

 

来年。新型コロナウイルスが収まっていれば、

当社含めて、つつじの花を楽しんでみませんか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*