SDG’s(Sustainable Development Goals)/持続可能な開発目標

小倉合成工業株式会社が掲げるSDG’s(Sustainable development Goals)は

CSR(Corporate Social Responsibility)を基礎としており

貧困をなくそう、すべての人に健康と福祉を、働きがいも経済成長も、

産業と技術革新の基礎をつくろう、陸の豊かさも守ろう、平和と公正をすべての人に

の6つを主軸としております。

 

貧困をなくそう

 

当社が経済活動を継続することで生じる経済効果は、利害関係者へ伝播します。

例えば、従業員の給与であり、株主への配当であり、行政への納税、開発途上国からの原料仕入れ。

営利企業として当社が存続し続けることこそが、貧困をなくす手段の一つであると考えています。

 

*開発途上国は、経済協力開発機構(OECD)が作成する「援助受取国・地域リスト」に記載されている国や地域を指します。

 

すべての人に健康と福祉を

当社は、化学工場であるため従業員の健康には十分、配慮しており

法に定める回数の健康診断の実施、36協定の締結、有給休暇の取得推進を行っております。

また、育児や介護による休業、私傷病による休業などを含めて、長く働ける仕組み作りをおこない

復職プログラムも備えています。

 

働きがいも経済成長も

透明性・公平性が高い人事評価・報酬制度により

当社で働くことで、自己実現の後押しができるような仕組みを設けています。

働きがいのある企業風土により会社が成長することで、従業員に給与として還元できる

よいスパイラルとなっています。

 

 

産業と技術革新の基礎をつくろう

BtoBであるため直接目にすること・気が付くことは多くありませんが

当社の製品は、生活基盤を支える製品群が多くあります。

グリーンケミカル・ファインケミカルの分野のリーディングカンパニーとして

日々の技術革新を停滞させないためにも、常に変化し続ける必要があります。

 

陸の豊かさも守ろう

当社のグリーンケミカルの主な原料は、「ひま」と「パーム」になります。

砂漠化や、森林伐採といった環境破壊が叫ばれる昨今、植物性油脂を取り扱うことで

仕入れ先の現地では、「植林」がなされます。

当社が植物性油脂を活用することで、間接的に陸の豊かさを守っています。

 

平和と公正をすべての人に

世界ではまだ平和とは言い難い状況にあります。

戦争、貧困、食糧難、衛生、児童労働・・・

世界平和のために、小さい一歩かもしれませんが当社の規模でできることを考え、実行しております。

 

北九州SDG’sクラブへの参加

当社は、北九州SDG’sクラブへ参加しております。

 

 

 

当社のCSR(Corporate Social Responsibility)

CSR(Corporate Social Responsibility)